宮崎県教育研修センターのホームページにようこそ!!

~「今、教育に何が求められているか」の探求~

宮崎県教育研修センターは、昭和43年に創立され、平成28年5月にリニューアルオープンして、今年度で7年目となります。
当センターは、宮崎や世界の未来を切り拓く、心豊かでたくましい宮崎の人づくりの応援団となることを目指し、「爽・磨・拓・創(そう・ま・たく・そう)教職員に必要とされる資質・能力を爽やかに磨き、子どもたちの未来を切り拓く教育を創造する」をモットーに、以下の7つの機能を掲げ、学校や教職員を支援する様々な取組を行っています。

  1. 教職員研修機能
    (教職員の研修の企画・運営・評価などの推進)
  2. 学校支援機能
    (学校や教職員の課題解決を図るための支援)
  3. 教育の情報化支援機能
    (教職員のICT活用指導力の向上を図るための支援)
  4. 教育相談機能
    (相談機関ネットワークの核として多様な教育相談への対応)
  5. 特別支援教育支援機能
    (特別支援教育の推進を図るための支援)
  6. 生涯学習・社会教育支援機能
    (生涯学習・社会教育の推進・充実を図るための支援)
  7. キャリア教育支援機能
    (学校と企業・地域の連携の推進に向けた支援)

 本県では、現在、宮崎県教育基本方針において、

「郷土を愛し新たな時代を切り拓いていく気概と広い視野を持ち、地域や社会の発展に主体的に参画するとともに、夢や希望を抱き生涯にわたって自己実現を図れる、心身ともに調和のとれた人間の育成をめざします。」

と位置づけ、その具現化に向けて取組を進めています。また、昨今の新型コロナウイルス感染症対策やそれに伴って加速度的に進化したICT活用など、社会情勢の変化や国、県の動向等を踏まえ、今後本センターが担う役割は、更に重要性を増してくるものと考えています。

 そこで本年度は、昨年度に引き続き「学力向上」に関する教職員の研修の計画・運営・評価をこれまで以上に充実させるとともに、新学習指導要領への円滑な移行に向けて、学校や教職員、県民の皆様方に対して総合的な支援ができるよう、研修の充実に取り組んでまいりたいと考えています。

 具体的には、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善や多面的・多角的な「道徳科」の授業づくり、コロナ禍におけるオンラインやオンデマンドを利用したリモート環境での研修の充実、小学校等での外国語教育セミナー、さらには、多様化する人権課題への対応、いのちを大切にする教育といった研修講座を設定したところであります。また、アウトリーチ活動である「研修サポート」の充実を図り、指導主事等を各学校に派遣して、校内研修の支援を図ってまいりたいと考えています。

 また、業務を推進するに当たっては、これまで以上に頼られる研修センターとなるよう、
 1 相手意識に立った迅速丁寧な対応
 2 研修成果を意識し、形式にとらわれすぎず、意味ある内容へ常に改善
の2点を所員全員が共有し、教職員の皆様の資質向上や学校現場の課題解決に向けて取り組んで参ります。

 最後に、このホームページに掲載されております様々な情報はもちろんのこと、それらの活用が、当センターの事業に対する理解を一層深めていただくことにつながりますとともに、教育に関する新しい情報を適切に活用していただくことを通して、魅力と活力にあふれ、未来に大きく羽ばたく宮崎の子どもたちを、しっかりと育んでいただけることを強く願っております。

令和4年4月1日
宮崎県教育研修センター 所長 黒木 貴